横浜市青葉区のプライベートタンニング・日焼けサロン・個室・日サロ・ヒサロのergoline/エルゴライン導入店。SUNNYSALON・AOBADAI/サニーサロン青葉台店)青葉台一丁目、青


HOME

SYSTEM
■ SYSTEM ご利用の案内 ■
■ タンニングマシンのご案内 ■

STORE INFO
■ STORE INFO 店舗のご案内 ■

TANNING
■ TANNING 日焼けの基礎知識 ■
■ 日焼けの注意点 ■

CONTACT
■ CONTACT お問い合わせ ■

ERGOLINE


イメージ画像

このページはページ種類「汎用1」のページサンプルです。

下記に当てはまる方はご注意ください!


ヤケド日焼けで、現在、炎症を起こしている人

人すでにサンバーン(ヤケド日焼け)をしており、肌に炎症がある人は症状を悪化させますので使用できません。

子供

IEC国際規格及び、日本のJIS規格においては、正確な年令制限を設けておりませんが、ドイツ等の基準に対応しまして、15歳以下のタンニングマシン使用は薦めておりません。 スキンタイプ(肌質)において、必ずしも欧米の基準が日本人にも当てはまるかは、まだ未定の段階ですが、ソーラートーンとしては、日本ソラリウム協会のガイドラインに従って規定しております。

皮膚や目に障害のある人

皮膚障害があり、直射日光にあたることのできない人や、目に障害があったり潜在的な症状、また、目が光に対して非常に弱い人は、タンニングマシンを使用できません。 何らかの症状がある場合は、事前に医師に相談してください。
また、皮膚に怪我やキズがある場合も、患部が悪化する場合がありますので、使用しないで下さい。

長時間の放射線照射(X線等)を受けて4週間以内の人

通常のレントゲン等では、照射後に太陽光にあたってはいけないと言う規制はありませんが、紫外線も肌に刺激を与えます。
したがって、皮膚などに害のある放射線照射の影響を助長する可能性が無いとは言えません。 長時間の照射を行った後は、最低4週間経ってからタンニングするようにしてください。 また、放射線治療を行っている場合は、使用しないでください。

紫外線の感受性を高める医薬品を使用中の人

薬の中には、紫外線の感受性を高める効果があるものもあり、使用中にタンニングすると危険です。
特に抗生物質、睡眠薬、抗うつ剤、ピル、水虫薬等を使用している場合は、タンニングしないでください。
投薬している場合は、安全のためタンニングしないか、医師に相談してください。

妊娠中の人

妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れがちで、紫外線に対しての感受性が極度に高まる可能性があり、通常な反応ができない場合がありますので使用しないでください。 また、タンニング中は、姿勢を無理に固定することによる過度の疲労や、全身のタンニングでは、熱などが胎児に対してなんらかの影響を与える可能性があります。
飲酒している人、体調不良・睡眠不足の人、刺青のある人飲酒している時や、体調不良・睡眠不足の時は、通常のタンニングができない場合があります、使用しないでください。
また、刺青のある人は、色素の変性・変色、皮膚の異常反応が起きる場合がありますので、使用しないでください。
疾病、治療中の人(医師に相談の上ご利用ください)

現在病気がある人、また、治療を受けている人は、使用前に必ず医師の相談を受けてください。
COPYRIGHT(C)2007 SUNFIRST INC. ALL RIGHTS RESERVED.